法人概要

About Us

目次

代表挨拶

Greeting

代表理事

上別府圭子

Kiyoko Kamibeppu

 2020年は世界にCOVID-19 が拡大し、12月28日午後5時現在、世界の感染者8079万2902人、死者176万5071人、日本の感染者22万1412人、死者3100人(米ジョンズ・ホプキンス大集計)という歴史に残る年になってしまいました。こんな年の春、緊急事態宣言のさなかの五月晴れのあたたかな日に、この法人は誕生しました。小さな法人ですが、未来へ向けた希望の種を持ってスタートしました。私自身は、大学院修了ののち、臨床実践家として18年、教育・研究者として18年という経歴ですが、設立時の仲間も同年輩で、臨床と研究に携わってきたキャリアたっぷりの医師・看護師・臨床心理士の面々です。

 私は、女性のライフステージを軸に家族の形成・発達・ライフサイクルをとらえて参りましたが、その中でも特に、児童虐待の予防と、小児がんを中心とした小児期に慢性疾患を患った子どもと家族の生涯にわたるQOLの向上を目指して、研究と実践に取り組んで参りました。これまでは医療機関や教育機関に身を置き、貴重な経験をさせていただきましたが、今後は一般社団法人の立場で、活動を継続するだけでなく、楽しいプロジェクトを実施しようと考えています。

 研究活動や研究支援、教材の制作、家族ケア症例研究会や、講演会・セミナー等を通じて、現任の実践家や、若手教員の皆さんと共に学び合い、研究の推進と学問の構築、実践の促進のサイクルが効率よくまわる仕組みを創出するお手伝いをしたいと考えています。また関連領域の学会との連携を重視し、大学や学会の手が届かないような活動を、担当していきたいと考えています。1粒の種が、根をはり枝をはり実を結んで、未来の大地に複数の種を蒔くことをイメージして活動します。どうぞ楽しみにしていただき、お声掛け、ご支援いただければ幸いに存じます。

 2021年が新しい世界の再生の年になりますように、心より祈ります。

2020年 年の瀬に
一般社団法人子どもと家族のQOL研究センター代表理事
上別府 圭子

 2020年は世界にCOVID-19 が拡大し、12月28日午後5時現在、世界の感染者8079万2902人、死者176万5071人、日本の感染者22万1412人、死者3100人(米ジョンズ・ホプキンス大集計)という歴史に残る年になってしまいました。こんな年の春、緊急事態宣言のさなかの五月晴れのあたたかな日に、この法人は誕生しました。小さな法人ですが、未来へ向けた希望の種を持ってスタートしました。私自身は、大学院修了ののち、臨床実践家として18年、教育・研究者として18年という経歴ですが、設立時の仲間も同年輩で、臨床と研究に携わってきたキャリアたっぷりの医師・看護師・臨床心理士の面々です。

 私は、女性のライフステージを軸に家族の形成・発達・ライフサイクルをとらえて参りましたが、その中でも特に、児童虐待の予防と、小児がんを中心とした小児期に慢性疾患を患った子どもと家族の生涯にわたるQOLの向上を目指して、研究と実践に取り組んで参りました。これまでは医療機関や教育機関に身を置き、貴重な経験をさせていただきましたが、今後は一般社団法人の立場で、活動を継続するだけでなく、楽しいプロジェクトを実施しようと考えています。

 研究活動や研究支援、教材の制作、家族ケア症例研究会や、講演会・セミナー等を通じて、現任の実践家や、若手教員の皆さんと共に学び合い、研究の推進と学問の構築、実践の促進のサイクルが効率よくまわる仕組みを創出するお手伝いをしたいと考えています。また関連領域の学会との連携を重視し、大学や学会の手が届かないような活動を、担当していきたいと考えています。1粒の種が、根をはり枝をはり実を結んで、未来の大地に複数の種を蒔くことをイメージして活動します。どうぞ楽しみにしていただき、お声掛け、ご支援いただければ幸いに存じます。

 2021年が新しい世界の再生の年になりますように、心より祈ります。

 

2020年 年の瀬に
一般社団法人子どもと家族のQOL研究センター代表理事
上別府 圭子

法人理念

Mission

家族のQOL向上を目指して

この法人の大切にしているキーワードは3つ。多様性(ダイバシティ)、家族、QOL。

人にも家族にも個性があって、世界に一つ、代えがたい命であり家族です。私たちは、このダイバシティをたいせつにしたいと思います。

家族にも歴史があり、形があり、機能していて、未来があります。私たちは、この家族という単位をたいせつにしたいと思います。

QOL向上は、その子らしく、その家族らしくあることと言えます。私たちは、その子どもの声、その家族の声をたいせつにしたいと思います。

そして病いをもっても、その子らしくその家族らしくあり続けられるような看護・支援を創出します。

また家族の中で、暴力や虐待が起きないためにはどうしたらよいかを解明し、虐待のない社会の実現に努めます。

法人概要

Corporate Overview

法人名

一般社団法人 子どもと家族のQOL研究センター (英文名: QOL Research Center for Children and Family)

代表理事

上別府圭子

所在地

〒113-0033
東京都文京区本郷3-26-1-702

設立

2020年 5月1日

取引銀行

三菱UFJ銀行 本郷支店

定款

一般社団法人 子どもと家族のQOL研究センター定款(PDF

役員一覧

Executives

代表理事

上別府圭子  看護師 保健師

理  事

栗原佳代子  臨床心理士

理  事

前田 美穂  小児科医師

理  事

高橋 道子  臨床心理士

監  事

上別府 潔  東京大学基金エグゼクティブ・アドバイザー

沿革

History

2020年5月1日

一般社団法人 子どもと家族のQOL研究センター (QOL Research Center for Children and Family)設立

2021年5月9日

一般社団法人子どもと家族のQOL研究センター設立記念シンポジウム「子どものマルトリートメント ~虐待が生じる家族と子どもへのケア~」開催

規約集

Terms and Conditions

準備中です。

決算公告

Public Announcement of Accounts

2020年度 貸借対照表

総会議事録

Minutes of General Meetings

2021年5月24日 第1回定時社員総会

© 2020 QOL Research Center for Children and Family All rights Reserved.